そのコラーゲンの効果に疑問を感じたら

コラーゲンは加齢により質、量ともに年々衰えていってしまうもの。年齢に抗うためや今のお肌を維持するためにコラーゲンを摂取している方も多いのではないでしょうか。

けれど、ぷるぷるのお肌を目指してコラーゲンを飲み始めてみたものの、いまいち実感できない、あるいは年齢と共に効果がなくなって気がする…そう思っている方も同じように多いかもしれません。

  1. もう粉のコラーゲンじゃダメかも…
  2. お肌だけじゃなくて元気も補充したい!
  3. 人気のコラーゲンってなんだろう?
  4. 1日100円以下のコスパのいいサプリはある?
  5. コラーゲンってどれも同じでしょ?

もしそう思っていたら、次はすっぽんを使ったコラーゲンサプリメントはいかがでしょうか。

当ブログでは知名度も人気も高い「すっぽん小町」について詳しく調べた結果をご紹介しています。

>> 公式サイトを先に見たい方はこちら <<

コラーゲンを摂るだけではお肌がぷるぷるにならない理由

sara

毎日毎日ドリンクやスープに粉のコラーゲンを入れているのに、なんだかお肌の調子が変わらない…
もしそう感じているのであれば、現在飲んでいるコラーゲンの分子が大きいのかもしれません。

コラーゲンはもともと複数のアミノ酸から出来ています。しかしその分子が大きい場合、コラーゲンはお肌に届くことなく排出されてしまうことに。

つまりは体の中を通過してしまうだけ…

毎日使用する手間も、毎月買い続けるお金も無駄になってしまうなんてもったいないですよね。でもこれは、コラーゲンの仕組みを知ることで防ぐことが出来ます。

体内でのコラーゲンの働き

sikumiコラーゲンが体内に入ると、

●1度アミノ酸にバラバラに分解され

●カラダが必要とする順番で届けられ

●分配された箇所で再びコラーゲンが作られます

つまり、「飲んだコラーゲンがそのままお肌に届く」というわけではないということなんです。

 

コラーゲンを効率よく摂取するには?

ここで大切なのは「アミノ酸がたくさん含まれていないと、良質のコラーゲンは作れない」ということ。

アミノ酸が多く含まれることで有名な食品と言えば黒酢。けれど実は黒酢の91倍ものアミノ酸を含んでいるものがあったんです。

それがすっぽん粉末!

100gあたりの黒酢とすっぽん粉末のアミノ酸を比較したところ、下記のアミノ酸すべて、黒酢よりすっぽん粉末の方が多く含まれていました。(日本食品分析センター調べ)

黒酢とすっぽん粉末の比較表 (単位/mg)

アミノ酸の種類 黒酢 すっぽん粉末
 リジン 38 3,250
 ヒスチジン 3 1,310
 フェニルアラニン 17 1,942
 ロイシン 55 3,270
 イソロイシン 40 1,720
 メチオニン 13 1,006
 バリン 57 2,090
 スレオニン 32 2,110
 トリプトファン 0 410
 アルギニン 3 4,270
 チロシン 5 1,390
 アラニン 112 4,170
 グリシン 49 7,770
 プロリン 38 4,810
 グルタミン酸 95 7,120
 セリン 34 2,570
 アスパラギン酸 27 4,630
 シスチン 12 510
 ヒドロキシプロリン 0 2,990

今まで見逃していたけれど、すっぽん粉末にはバランスのいいアミノ酸がたくさん含まれていたんです。

コラーゲンを作るだけじゃない! アミノ酸で体も元気に

「すっぽんで元気になる」というのは有名な話。じゃあなぜ、すっぽんを食べると元気なるの?

その理由もアミノ酸にありました。

上記の表にあるロイシン、イソロイシン、バリン、アルギニン、グルタミン酸は疲労回復、筋肉修復、免疫力の向上、筋肉痛の回避などに効果があるとされています

すっぽんを摂取するのは男性、というイメージもあるけれど、仕事、家事、育児、ご近所づきあいなど女性だって日々の疲れは蓄積されてしまいます。

「今日は完全にお休み! 家事も育児も何もしません!」という日がある女性はまれですよね。

家族のため、自分のために一生懸命働いている女性こそ元気を回復する必要があるのかもしれません。
お肌のハリと体の元気、外側も内側も元気でいたいものですね♪

>> すっぽん小町の公式サイトではもっとたくさんの情報を見る事ができます <<